初心者でも超簡単!ルアー・フックと釣り糸の頑丈な結び方

根掛かりしてラインが切れてしまったり、ルアーを交換するときなど
釣り場でラインを結び直す場面は結構あります。

「結び目が甘かったため、大事なルアーが飛んで行ってしまった・・・」って事だけは避けたい!!
「素早く丈夫に結んで少しでも長い時間釣りをしていたい」
「自分の結び方は本当に強度があるのか知りたい」

そんな方のために、今回は、
基本中の基本の結び方からプロも愛用する結び方まで、釣り場でも簡単に出来て、強度も十分な結び方をご紹介します。

ユニノット

様々な釣りで多様されているノット(結び方)で、基本中の基本のノットです。
強度も十分あるのでユニノットは初心者の方には最初におすすめするノットです。

出典:ダイワ

  1. まずルアーアイにラインを通し、ライン先端を折り返して輪を作ります
  2. 先端のラインをライン本線と輪っかに5~6回巻いていきます
  3. 先端を引っぱって結びを締め込んでいきます。この時口などでラインを少し湿らすとより頑丈に締め込めます
  4. 本線を引っ張り、できたコブをルアーアイの方へ移動させる
  5. 先端の余りをカットしたら完成です

 

パロマーノット

とても簡単に結ぶことができるので初心者向きとされているノットですが強度はほぼ最強に近いパロマーノットです。その強さと簡単さから愛用する方も多いです。1つだけ難点なのが、輪にルアーを一度通さなければいけないのでフックが絡まらない様にするといった慣れが必要です。

出典:Tackle Berry

クリンチノット(ダブルクリンチノット)

バス釣りで一番使われているノットかもしれません。これも簡単で強力です。応用編で最初にルアーアイ(ルアー側の輪っか)に2回巻き付ける「ダブルクリンチノット」はさらに強度があります。ひと手間加えるだけで強度がかなり上がるので、重いルアーを投げる時はコチラを使った方がいいかもしれません。

出典:ダイワ

  1. まずライン先端をアイに通します
  2. 先端をライン本線へ5~6回巻き付けます
  3. アイ側に出来ている1つ目の輪に先端を通し、その時できた輪にも通します
  4. 先端を引っ張り、結びを締め込んで完成です

ハングマンズノット

他のノットと同じく手で巻いていくやり方もありますが、ルアー自体を遠心力でくるくる回転させて結ぶやり方もあります。フックを結ぶ場合は軽すぎてくるくる回せないので向いてないかもしれません。釣りの動画などを見ていると結構このノットで巻いている所を見ます笑

出典:釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

漁師結び(完全結び)

名前からして強度抜群な雰囲気が伝わってきますね。そして結び方も相当簡単です。
プロや漁師の方が多く使用しているので安心して使えるノットです。

出典:クレハ合繊株式会社 Seaguar

  1. ラインを2つ折りにしてアイに通します
  2. ライン本線と2つ折りを重ねて、ライン本線で4~5回巻き付けます
  3. 最後に2つ折りの輪にライン先端を通して締め込んで完成です

フリーノット(ルアーの動きを妨げない)

これはルアーアイを締め付けずフリーにしておく結び方です。
ルアー自体の動きを妨げないので、トップウォーター系のルアーを使うときは最適です。
スプリットリングが付いていないルアーを結束するときも非常に有効ですね。

出典:クレハ合繊株式会社 Seaguar

  1. ライン本線に軽く片結び(丸結び)を作りライン先端をアイに通す
  2. ライン先端を片結びの中に通し締め込む
  3. ライン先端と本線で片結びを作る
  4. ライン本線を引っ張り、2つのコブをくっつけたら完成です

まとめ

どのノットもそうですが、正しい結び方をして、最後にキッチリ締め込みさえすれば、それなりの強度は出せます。
焦って結びが甘くなりルアーやワームを無くしたり、バスを逃したりしてしまった時は本当に悔やまれます。
よく結び方を練習して釣り場で早く、正確に強いノットを結び、より多くのバスを釣ってください。