PRSのエレキギターとマーシャルのアンプ買ってきた!!【PAUL REED SMITH&Marshall】

むかしバンドを組んでギターをやっていたのですが、

今になって無性にギターが弾きたくなって・・・買っちゃいました!!!笑

今回購入したのは、

PAUL REED SMITHのエレキギターとMarshallのアンプ!!

ちょっと奮発しちゃいましたね笑

それでは実際に購入したものをご紹介します。

実際に購入した商品

じゃーん!!!

めっちゃカッコいいでしょ!!!

ギターがPRSSE collection

アンプがMarshallMG series 30DFX

値段はハッキリとは覚えてませんが、

ギターが68,000円、アンプが25,000円位だったと思います笑

ちなみに二つとも中古です。お金ないからね!!!笑

PRS(PAUL REED SMITH)ってどんなギター?

数あるエレキギターの中で、僕が今回PRSを選んだ理由は・・・

ガツンと図太いロックな音が出せるからです!!

Paul Reed Smith自身が設計し、プレイしているギターを世界中のプレイヤーやギター・マニアへ。

「美しいルックスと、私が愛してやまない音楽的なトーンをまとめたのが、このギターです」− Paul Reed Smith

ポールさん・・・メッセージもステキ過ぎる( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

PRSの魅力 その1、美しいルックス

まずは何といってもその美し過ぎるルックス。

一目でわかるのは指板に描かれている飛ぶ鳥をイメージされた「バードインレイ」。

これに憧れPRSを手にするギタリストも非常に多いみたいです。

ボディーに使われている杢目も非常にキレイです。

10本に1本の美しさとして称えられるメイプルを使用した杢目のギターには、

10topというグレードが付き、その価値をさらに高めます。

PRSの魅力 その2、オールラウンダーな音色

「ギブソン」や「フェンダー」といったギターほどの音の特徴はありませんが、

図太い深みのあるサウンドから、透き通ったキレイなクリーントーンまで

様々な音色を奏でることができます。

まさに弾き手の思いをダイレクトに伝えてくれるギターですね。

Marshallのアンプって??

ジム・マーシャル氏が作り出した、ギタリストならだれもが知るロック・アンプ・メーカーのMarshall。

音の特徴としては、真空管アンプならではの暖かみのあるディストーション系の歪み、そして高音と低音に伸びがあり、中域が豊かな傾向があります。

と、エレキギターの良さをより良く引き出してくれます。

愛用するギタリストは多く、ツーハムバッカータイプのピックアップを搭載しているギターとの相性は最高です!

ぼくが今回購入したPRSもツーハムバッカーだったので、迷わずマーシャルを購入しました。

これからは・・・

せっかくこんなにいい楽器を購入したので、これからは・・・

「弾いてみた」系の動画をバッシバシ上げていこうと思います!!

リクエストなどあればどんどん受け付けてますので、お気軽にご連絡ください!!

※今回のギター&アンプのレビュー動画と「となりのトトロのロックバージョン弾いてみた」動画です。

合わせてご覧ください!!!